昨日、秋刀魚を食べました。(1)

サンマの塩焼き、やっぱり美味しかった。
新鮮で内蔵もぺろりん。
さて、フェイスブックをいったん退会しました。
FBにばかり記事を投稿し、このサイトのNEWSがすっかりおろそかになりました。
FBの鮮度、瞬発力、視聴率はたいへん魅力的でした。
けれどしばらくはまたこののんびりなチカパンサイトで。
徒然なるままに勝手な事を、響いた事を、発信していきたいと思います。
…って思うんだけど。
ずいぶんとたまってしまった!
夏の宿題を全くしていない8/31の子どもの気分。
時系列がめちゃくちゃですがとびとびで振り返ってみます。
カリーナ
かなり古い話ですみません。
3/28新宿のゼロホールで恒例の3.11イベントが行われました。
そのなかで上演された「魔女の森へ」の稽古写真です。
チェルノブイリの原発事故で生活が一変してしまった家族の物語をリーディングで上演。
原作は今関あきよしさん「カリーナのりんご」、演出はアート企画陽だまりの高坂諭さん。
チカパンはそのなかでパントマイムの演出を手伝いました。
震災後福島の地へ上演に行くことが増えました。
何年か通い続けているうちに福島がふるさとのような気持ちが生まれてきました。
現在福島に住むひとたちが心配したり、不安になったりするような表現は、私はしたくはありませんでした。
とても迷う気持ちで稽古に。
しかし稽古を観ているうちに気持ちが一変。
リーディングという特殊な手法にパントマイム表現に似たものを感じたいへん興味をそそられました。
この表現の中のどの辺りにどの程度のマイム表現を加えればよいのか。
マイム表現が邪魔になる時、効果的になる時。
そんなことを考え興奮し、集中しました。
この上演を観た方がどんなことを感じたかは様々だと思います。
でもこれではっきりわかったこと。
私の仕事は、私に出来る事はパントマイムということ。
新幹線から富士
高速を走る時、新幹線に乗っている時に窓から眺める富士山が一番好きだ。
登ってみたいと思った事もあるけどかなりのヒトゴミと聞いてシリゴミ。
KC4B0031
日野子ども劇場でパントマイム体験。
みんなで恐竜になっているところ。
上手にならないと喰われてしまうというシチュエーション。
映画ジェラシックワールドは勉強になった。
恐竜、大好き。
舞台袖

出番を待つ舞台袖。子どもたちのいろんな言葉が聞こえてくる。私は嬉しいのとドキドキ緊張するのが入り交じりトイレに行きたくなってくる。あとどれくらいこんな気持ちが味わえるかな。最高に幸せな仕事に就いたな。

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。