障がい。

ぷらすかわせみ
新しく開設された相模原市の橋本地域活動支援センターぷらす★かわせみでパントマイム。
センターのことを近隣のひとたちに知ってもらおうという地域交流企画だ。
まだ新しい清潔な部屋は、この日はサーカス小屋のように飾り付けがされていた。
「みなさん、障がいって知っていますか?」というやさしい語りかけで会ははじまった。
眠りたいのに眠れないことや、食べたいのに食べれないことや、人とおつきあいしたいのにうまくできないことなどです…
出番を待ちながら話を聞いていると、大切なのは「やさしい気持ち」をもつことなのだなあと感じた。
近づいて、知って、正確にわかって、やさしい気持ちをもつ、こと。
人間だからこそ、できること。
パントマイムはしゃべれるけれど、しゃべらない。
しゃべれないことは障がいではなくパントマイムでは美、となる。
個性的で独特な表現法はひとの心を動かす。
・・・まあ、チカパンはよくしゃべるけどね!

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。