病院のこどもたち。

東京と神戸。
それぞれ入院中の子どもたちと出会った。
病院公演
重い病気の子、まもなく退院しそうな子、長い入院の子、さまざまな子どもたち。
そして支えている家族。
ショーの最初は元気がなくても後半は健康な子どもと同じ瞳で観てくれていた。
それが嬉しかった。
以前は「チカパンもね、たくさん手術もしたし、入院もしたんだよ。だけどこんなに元気!」
そう言ってみんなの気持ちがわかるよアピールをしていた。
だけど気がついた。
こんなおばさんが病気になることと、君たちが病気になることはちょっと違う気がする。
だからもうそんなことは言わないでできるだけ通常公演をやる。
すこしだけいつもよりやさしく、丁寧に。

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。