。。

先日、やっと「この世界の片隅に」を観た。

2018/09/11 火曜日 - 20:31:06 by チカパン

2年前に話題になった作品をやっとTUTAYAで借りて観た。
とても美しくて、悲しい作品だった。
フェリーニの「道」もそうだが美しくて悲しい気持ちになると私はしばらく立ち直れない。
時間が経っても、心に余韻がまるで傷のようにずっと残る。
もちろん、元気にはならない。
元気にはならないけれどこうゆう心情は好きだ。
つい先日、上演場所に大きな日の丸があったので取り外してもらった。
私が1時間演じる黒い幕の上に大きく目立つ国旗だった。
思想的なことでは、ない。
日の丸があんまりパワーがあるから私の歯みがきのパントマイムやトイレのパントマイムが負けてしまうのだ。
こんなこと1940年代だったら間違いなく私は逮捕されているだろう。
70年少ししか経っていないのにこの変化。
進歩しているところ、退歩しているところ、変わらないところ。
戦争は無いけれど災害に苦しめられる時代になった。
**************************
9月。
今月は島根県は益田ではじまった。
益田おやこ劇場が「すくすくフェスタ」に呼んでくれたのだ。
ますだ1
会場はグラントワの400人の小ホール。
大きなステージ、気持ちはいいけどチカパンの許容範囲は超えている。
大きな場所で演じるとき、大きく演じてはいけない。
大きい程、細部を丁寧に演じた方が観てもらえる気がする。
しかし簡単じゃないんだなあ。
帰りにお祭りのお馬さんと出逢う。
ますだ馬
益田は日本海が美しい穏やかな町だった。
流山看板
千葉県流山おやこ劇場で「チカパンの大道芸!!」。
流山おやこは鑑賞会ごとに実行委員会を立ち上げて取り組んでいる。
今回の実行委員会の呼び名が「からだが語る実行委員会」。
うれしいなあ!!
上演当日、会場のおおたかの森は活気に溢れていた。
流山集合
150人超えの満席。
流山在住のおいけや金魚さん(ぱぴぷぺぽ劇場)も来てくれた。
流山金魚さん
上演後の交流会もよかった。
大人VSこどものジェスチャーゲーム大会。
まるで千本ノックのようにお題をつぎつぎに身体で表現する。
大人も必死、いや大人が必死だ。
印象的だったのは幼児低学年グループ。
ジェスチャーゲーム
隣に居たからわかるけど出番までみんなドキドキしていた。
だけどいざ前に出て自分のジェスチャーが当ててもらえると身体中で嬉しそう。
「もっとやりたい、もっともっと!!!」ずっとそう言っていた。
自分が表現したことをわかってもらえる喜び。
高学年から大人たちが「わかってあげよう」と観る暖かい眼差し。
チカパンは感動しちゃったよ。
流山イラスト1
流山イラスト2
流山イラスト.3JPG
少し大きい子たちは1人で足らない表現の時、スッと加わって応援する。
チームワーク。
深いのう。
だけどこれ、チカパン効果じゃないんだよね。
たぶんアフタフ・バーバンの圭太効果!
神戸の北崎圭太くん、元気かな。
あなたの蒔いた種、たくさん芽が出ているぞ。
印象に残る劇場だった。

残暑お見舞い申し上げます。

2018/08/30 木曜日 - 18:47:34 by チカパン

酷い暑さの夏でした。
だけど終わりが近づくと
少し寂しい気持ちになります。
かもめ
新潟は角田浜。
妙光寺の送り盆に呼んでいただいた。
夏に結成されたウンポコシスターズ。
新潟うみ
相棒の京本千恵美は海に向って鳥羽一郎を唄っていた。
片手に缶ビール。
ウンポコシスターズ…どこまで続くか不明だが現時点ではいい感じ。
似顔絵
岡山は笠岡、津山、そして東京は町田でワークショップ。
3カ所ともにまもなく公演が予定されている。
楽しいワークショップと公演が楽しみになるワークショップ。
どちらも同じようでちょっと違う。
事前の場合は、公演が楽しみになるワークにしたいものである。
ルネ
ルネこだいら夏休みフェスタに参加。
ショーとワークショップの組み合わせ「パンパカパントマイム!」。
チカパンの裏メニュー。
GO!
子どもたちもとても元気だったけど…
PAPA
パパの参加も多くて楽しい、楽しい!!
手のパント
おとなが子どもみたいになってると嬉しくなる。
このあいだ子どもにこんな質問をされた。
「どうしてとうめいなものをやろうとしたの?」
とうめいなものとは透明なものってことで、つまりパントマイムのこと。
素敵な質問の仕方だなあ。
しかし素敵な返答ができなかった。
答えても答えても、ちょっと違うような気がした。

ブラボーロケット打ち上がる。

2018/08/18 土曜日 - 16:43:41 by チカパン

かんぱ〜い
左から京本千恵美、原作であり制作のきりがや、でチカパン。
3熟女の乾杯〜!
8月初旬、新作の「コメディエンヌプラネット」が元気な産声をあげた。
初打ち上げの場所は喜多方発21世紀シアター。
愛に溢れた大好きな夏のフェスだ。
タコういんな
新作創りははじめ少しだけ迷走した。
というのははじめは現在引っ込めている「ウキウキバルーンファクトリー」の再構築をするつもりであった。
我が道を行く圧倒的パワーのコメディエンヌ、京本千恵美を新たに迎えてリハを繰り返していた。
しかしあさぬまちずこさんとのウキウキをなかなか変えられない、超えられない。
試演会もやった。
はっきりしたのは京本千恵美の魅力が出ていない、ということ。
はんがー
なんの因果か巡り合わせかせっかく爆笑コメディエンヌと共演できているのにこれでは宝の持ち腐れ。
年季の入った三人には残された時間はそんなに無い。
思い切って舵を切る。
京本もチカパンも芝居が大好き。
台詞に不安無し。
きりがやなおみがお話を書いて構成。
ふたりの魅力を存分に引きだしてくれた。
「コメディエンヌプラネット」。
〜心に雨が降る時は 大気圏を飛び出して
銀河で貴方を待っている コメディエンヌとランデブー!!〜
貴方の町にもそのうちにブラボーロケットで参ります。
乞うご期待!!!
さて生まれたのは作品だけではない。
コンビ?
たいへん昭和を感じさせるウンポコシスターズ誕生。
新作の副産物である。
このウンポコシスターズ、調子に乗って長野県は飯田のいいだ人形劇フェスタに参加。
今年は40周年、世界人形劇フェスである。
チカちゅーぶ
パントマイム表現のチカパンはこのフェスに出ることは敷居が高い。
しかし京本パワーに乗っかってやってきちゃった、いいだフェス!!
京本千恵美とチカパン、出会ったのは25年くらい前。
こんな日がやって来るとは。
機が熟すとはこのことである。
いいだ

さあ、次。

2018/07/29 日曜日 - 09:11:00 by チカパン

東京、昨日台風が通過。
たいふう
「みなさん、大丈夫でしたかっ?!」(byきりがや)
KC4B0069
代々木のオリンピックセンター「大博覧会」。
パントマイムワークをやったり、大道芸をやったり。
台風が東京にやってきた日は「ちょっとぼうけん」の公演をやったり。
参加していただいて、ご来場いただいて、ほんとうにありがとうございました。
2日間、思いっきり汗をかいて過ごす。
大博覧会は8月1日まで続きます。http://www.kodomotobutai.net/

さあ、次へ。
8月5日、喜多方発21世紀シアターでデビューさせる新作に向けて追い込みだ。
喜多方発21世紀シアターhttp://21st.kitakataplaza.jp/

新作「コメディエンヌプラネット」は全年齢型のエンターテイメントショー。
圧倒的なパワーで我が道を進むコメディエンヌ、京本千恵美とチカパンの狂演、競演、共演です。
原作はきりがやなおみ。
宇宙船ブラボー号に乗って伝説のコメディエンヌに会いに行きます。
8月5日16:30〜喜多方プラザ第二会議室(こぼうしぼっくす)。
今日からリハーサルは追い込みだ!

北海道よっつ。

2018/07/24 火曜日 - 10:23:39 by チカパン

酷暑お見舞い申し上げます。
みんな、だいじょうぶ???
さあ、これをどうぞ…
ソーダ!
毎年恒例の企画会議(作品をアピールする全国の会議)最後は北信越だった。
企画会議
この頃、西の方で大雨が降りたいへんなことになっていた。
毎年必ずどこかで大災害が起こるようになってしまった。
先日は学校の体育館公演が延期になった。
熱中症対策で。
子どもが倒れる前にチカパンが倒れそうだったから中止が決まって正直、ホッとする。
自然は素晴らしいけれど自然は恐ろしい。
敵わない。
大自然のでっかい北海道に行ってきた。
「チカパンの大道芸!!」の上演。
静内〜士別〜北見〜函館、レンタカーで移動する。
北海道はチカパンを穏やかに迎えてくれた。
初日の静内、こんな空。
北海道スタート
青色画用紙じゃあないよ。
静内おやこ劇場では帽子店ができていた。
静内帽子店
帽子のクオリティが高くて素晴らしかった。(何個かもって帰りたかった!)
みんなやさしくてとてもいいスタートがきれた。
翌日は士別おやこ劇場
士別は雪がとっても深いところ。
この季節ではそれがぜんぜんわからない。
むぎわら
北海道は季節で全く違う顔なんだね。
途中のパーキングで食べたゆでトウモロコシ。
「ごちそう」とはこれだ、と思った。
花
カーリングですっかり有名になった北見、北見おやこ劇場。
きたみ
頂いたこのお菓子、並んで買ってくれたらしい…
すっごく美味しかったです!
180715_1012~01
そして函館。
函館でスタッフきりちゃんとアコーディオンおおちゃんと合流。
つまり「ちょっとぼうけん」の上演だ。
KC4B0061
この作品、北海道初上陸。
嬉しいな。
また少しマイナーチェンジした。
みんなの反応が弾んでいてやっていてとっても楽しかった。
函館プレゼント
昨年から北海道が呼んでくれている。
先月は鹿児島、今月は北海道。
パントの羽でずいぶん飛べるようになった。
どこまで飛べるかな。
私たちのちょっとぼうけんはまだまだ続く。

鹿児島みっつ。

2018/06/21 木曜日 - 17:48:31 by チカパン

久しぶりの鹿児島。
桜島は噴火続き。
焼酎
まずは焼酎でウォー!!ミングアップ(笑)
鹿児島市内の子ども劇場で三公演。
初日はやまびこ響き子ども劇場。
すんくじら
ひろ〜い体育館なのでコーナーに幕を建てることになった。
このような角を鹿児島弁では「すんくじら」って言うんだって。
やまびこ響
バラシ(片付け)の時、車いすの少女が積極的に手伝ってくれた。
私でも重いケースを自分の車いすに載せろ、載せろと言う。
「私は演劇部だった!」とも言ってたなあ。
ありがとう、おかげで早く片付けられたよ。
教会
翌日の会場は教会。
谷山ひがし子ども劇場。
チカパンの前に子どもたちがパフォーマンスを披露。
ディアボロ
ディアボロにアクロバット、高速縄跳び。
あんまり凄いことされるとチカパンは出にくいんですけど〜(汗)
パラソル
この劇場は運営委員長が歌手の方。
会員さんもみんな表現や演じることが大好きな様子。
そして創ることも。
ぼうし
毎日大好きな鶏飯(ケイハン、奄美の郷土料理)を食べて温泉につかって。
あっという間にラストステージ!
かごしま虹子ども劇場。
虹
終演が16時。
完全撤収(完全に会場を出ること)が17時なので大慌てでバラシ。
最終日は演具を東京に返すからちょっと時間がかかるのだ。
でも手伝ってもらって、ふっ〜〜〜!!!間に合った。
さて、バタバタしてごめんね。
まだ残っている子どもたちにバルーンを作って交流。
子ども「なんか、プロっぽいね」
いや〜あの…一応プロなんですけど…
子ども「テレビとか出てたの?」
あ、はい。え〜とポンキッキーズとか出てたよ。
子ども「???」
し、知らないよね。
君たち、将来なりたいものってもう、あったりするの?
そこにいたほとんどの子ども「ある〜!!!」
ほほう、いいね!いいね!!
それはなんでもいいよ、聞かない。
そっと心に仕舞って大切に暖めてほしい。
そして大きく育てて、孵して(かえして)ほしい。

早苗の季節にあだたらで。

2018/06/09 土曜日 - 14:48:31 by チカパン

和室
田んぼに早苗が行儀よく並ぶ。
若々しいみどりが風にそよぐ美しい季節の福島へ。
とり
あだたら子ども劇場でチカパンとパントマイム
客席は畳に座布団。ちいさな鑑賞会だけれど、元気はでっかい!
コック
子どもも大人も会員さんもそうでない人も。
みんなでいっしょに観たりやったり、参加したり。
ロボ
世代を超えてチカパンのパントマイムを楽しんでくれている。
小さいけれど元気のよい早苗たち、しなやかに、したたかに大きくな〜れ。(きりがや)
星

嘘が言えなくなるとき。

2018/05/28 月曜日 - 10:55:59 by チカパン

千葉県流山おやこ劇場でパントマイムとバルーンのワークショップ。
秋に公演が決まっているのでそのまえにみんなと交流。
できた〜!
「はじめまして、チカパンです。」の交流なのだが相手が子どもだろうと大人だろうと私は緊張する。
はじめて、というのが緊張するのだ。
何年経っても、である。
先日、ほかのところで中学生の女の子に質問された。
「本番前の緊張はどうしたらとけますか?」
きっと最近なにかあって切実な質問のようだった。
私は「とける方法はない、緊張を楽しもうね」な〜んて返しケムにまく。
ところが、である。
テレビでスキージャンプのレジェンド、葛西選手が緊張をとく呼吸法を紹介していた。
鼻から思いきり吸って、更にもうひとつ吸って。
5秒息を止めて歯の間からゆっくり吐く。
「ふ〜ん…」
そして岡山県に行ってきた。
180327_1754~01
さっそく本番前にやってみた!
某高校の芸術鑑賞会。
高校生だけに観てもらうことはあんまりない。
まちがいなくアウエー。
だってさ観客席こんなふう。
180527_1459~01
しかし、レジェンドの呼吸法でやけに落ち着いた。
ステージは最初、水を打ったように静まり返っていた。
バッドモーニングでも関取でもクスッとならない。
なんだか「これはどこまでクスッとならんのだろうか?」と楽しくさえなってきた。
そして私はどんどん集中した。
普通なら集中どころか投げやりになったり、空回りしていくところだ。
なぜ集中したか?
もちろんレジェンドの呼吸法のおかげもあるかもだけど(笑)みんなが観ていた、からなのだ。
「見ていた」じゃ無くて「観ていた」かんじ?
なんか…、理解しようとして私をジッと観ていた、そんなかんじ。
気がつくと桜が少しずつ咲くようにぽつん、ぽつん、と笑いが来た。
控えめで慎重さは残るけれどその花は確実に増えて行った。
大爆笑にはならないよ。(だいたい、いつだって大爆笑の芸人じゃあないし〜)
だけど客席からの集中した空気はこちらに届いた。
チカパンはとても澄んだ心持ちになり60分後、無事に着地。
公演後アフタートークで質問に答えるのだがまったくごまかせなくてどんどん正直に話してしまった。
聞いてくれるから話したくなる、そんなかんじだ。
観てくれてるから表現したくなる、聞いてくれるから話したくなる。
本当にそういうこと、だよね。

母の日におやこで楽しむ二本立て。

2018/05/21 月曜日 - 08:27:26 by チカパン

横浜市長津田のみどりアートパークでキッズプログラム2018。
午前の部は「ちょっとぼうけん」。
久しぶりの登場、原作者のきりがやです!
チカパンと海までぼうけんに行くお話ですが、なかなか海には着きません。
楽しい道草のお話です。
ま〜だだよ
おーちゃんのアコーディオンが奏でられぼうけんに出発〜。
バス2
海に誘うアイテムとしてレインスティックという楽器が登場します。
長い筒を傾けると波の音がします。
私が障子紙の筒で手作りしました。
もちろん楽器屋さんにりっぱなものが売っています。
でも手作り。道草です。
筒の中に入れる小豆や小石の量を調節しながら海の音を
思い出してレインスティックを作るのはとても楽しい時間でした。
目的に向って突進するのも大切だけれど、遠回りして道のりを楽しむのも私は大好き。
子どもたちもゆっくり大人になってね。
海2

午後は雨が降り出した。
「チカパンのいっしょにパントTIME!」。
はたき
けっこう大雨。
お客さまはきてくれるかなぁ?と心配…。
あら、午前に来てくれた何人かの子どもたちが一番前に座ってる!嬉しいな〜!
「チカパンのいっしょにパントTIME!」は初めてパントマイムに出会う子どもたちのためのプログラムなのですが、実はいつも大人もおおいに楽しんでくれている気がします。

こんぶ
パントマイムって想像する部分が多い分、観た人それぞれが楽しみどころを見つけられるのです!
スカーフ
晴れの日もあって雨の日もあって…
雨に濡れた新緑は生き生き育つ。
雨もなかなかいいものです。
な〜んて言えるのは搬入口に大きな屋根がついていたからかなあ。(きりがや)

GWはワイナリー。

2018/05/18 金曜日 - 11:29:03 by チカパン

長野での戦いを終え、山形へブーン!
次のリングは山形県高畠ワイナリー。
カ〜ン!!!(ゴング)
高畠ワイナリー
自然豊かな東置賜郡高畠町にあるワイン製造工場。
毎年恒例のスプリングフェスタで4日間パフォーマンス。
ぶどう畑
お酒は大好き。
とくにワインだとウキウキしちゃう。
しかし仕事期間だとなかなか呑めない。
呑んでも明日仕事だと思うとリラックスできない。
お預けを喰らった犬の気分!
正面広場
青空の下、風に吹かれてみんな芝の上でゆったり酔っている。
ああ、私もあっち側に行きたい。
ステージの生演奏が心地よく人の気持ちもやさしくなる。
野外の仕事は得意じゃないけど、ここでは楽しく演じることができた。
帰ってきてからは〜頂いたワインでしばらく夢心地。

。。