エツコワールドのこと。

三月の最終日。
千葉県船橋の宮本公民館で、ある女性の偲ぶ会が行われた。
人形劇
人形劇、紙芝居、クラウン…
かみしばい
会は三部構成で午後の公演は子どもたちに無料で公開。
だるま食堂
コント、マジック、ジャズピアノ、パントマイム…
ぎんねこ
賑やかで暖かく楽しくて愛にあふれた、偲ぶ会。
私も「月夜」をユキ・アリマサさんのピアノでやらせていただいた。
月夜
旅立ったその方に届けるように、演じた。
誰か一人を想いながら演じると表現はclear(クリア)になる気がする。
たくさんの参加者の中に魔女の宅急便の原作者・角野栄子さんもお見かけした。

「エツコワールド」という会社があった。
代表は宮腰悦子さん。
目に見える、見えない、素敵なものをたくさん創って世の中に届けた。
宮腰悦子さんを偲ぶ会だった。
つばめさん
人形劇のくすのき燕さん。
当時彼はエツコワールドの若頭で、
チカパンを「シアタートライアングル」に誘ってくれた。
トライアングル
ジャズピアニストのユキ・アリマサさん、人形劇の小川耕筰さん。
トライアングルの初代メンバー、久しぶりの再会だった。
シアタートライアングルは何度も海を渡った。
宮腰悦子さん…キラキラしていて少し浮世離れしたスーパーウーマン。
そんな印象が私には残る。
姿形は見えなくなった。
けれど彼女の想いは種となり、拡散して多くの人の心の中に芽を出している。
水をやり、陽をあて、土を保つのはそれぞれだ。
エツコワールドはつづく…。

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。