熱いお祭り、夏フェス。

夏休み。
各地で児童演劇フェスティバルが開催される。
上演はもちろん、ワークショップや大道芸。
他の劇団の上演を観たり。
感じること、得るものがいっぱいである。
遠くの他県からやってくる劇場関係者に会えるのもうれしい。
まずは東京の「出会いのフォーラム」。
「ちょっとぼうけん」で参加した。
ぼうけん1
アコーディオンの生演奏で演じるのはとても楽しい。
ぼうけん2
たくさんのキューブを並べ替え、海をめざすチカパン。
途中でいろんなものと出会い、道草をするお話。
ゴールばかりを見つめないでその途中の景色を楽しんで、そんな想いがある。
ぼうけん3
和歌山や高知、高松や長野から観に来てくれていて嬉しかったな。
のぼり
そして喜多方。
これに出ないと夏という気がしない、喜多方発21世紀シアター。
シャツ
風にたなびく黄色いTシャツ。
今夏はいろんなところで上演した。
なかでも道の駅でのリアル大道芸は衝撃だった!
KC4B0110KC4B0084
あ、暑い!ひ、ひとがいない!!!
みんなオリンピック見てんのかしら?!
真っ黒に焼けちゃったわ。
でもこんなことも楽しい思い出になるんだよね。
喜多方はなんども来ているからだんだん行きつけのお店があって…。
らあめん
まず「松」でラーメンを食べて…
わかな
となりのカフェ「わかな」で桃のパフェ。
ぴーなっつソフト
「おくや」のピーナッツソフトクリームは噂以上に美味かった!!!
写真は全て「ちょっとぼうけん」の作者、きりがやさんです。
食べてばかりでなんだか馬鹿みたいですが…
木札
この木札でいろんな劇団の意欲作を観た。
同業者とは呑んだり話したりするよりも、渾身の上演を見合うことが一番。
それが楽しい夏フェスなのである。
(それに加えて温泉やグルメも、ね。)
来年も参加できるようにパワーアップじゃあ〜!!!

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。