あたたかい現場。

福井県の武生に行って来た。

南越前町脇本の「脇本ふれあい祭り」。
公民館の向かいはこんなふう。
「こんなところまで来ていただいてどうもすみません。」「いえいえ、こんな私を呼んでいただいてありがとうございます。」
担当者は今村さん、迎えに来てくれたのも今村さん、送ってくれたのも今村さん、大道芸で引っぱり出されたのも今村さん。
しかし全部違う今村さん。
脇本区には110世帯あって、約三分の一が今村さんなのだという。
親戚という訳でもないらしい。

しかしこの人は中村さん。
音響操作を真心込めてやってくれる。
もちろん普段は違うお仕事、祭りの為に一肌脱いだ。
脇本区の赤ちゃん、子ども、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが一堂に会して食べて、呑んで、唄って、笑って、抽選会をする。
「今日はいい天気で外仕事がしたいところでしょうが、お祭りをみんなで楽しみましょう。」区長の開会の言葉がとても暖かい。

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。