全て緑になる日まで。


フクシマの子どもたちに笑顔と元気を届けるミニ公演出前事業、チカパン公演が終了。
赤い羽共同募金の助成による事業。
福島の子ども劇場が複数のアーティストと保育園、幼稚園をつないだ。
福島南子ども劇場、福島中央子ども劇場、福島西子ども劇場、あさかの子ども劇場、そして連絡会のみなさま。
お疲れさまでした、本当にお世話になりました。
旅の途中、福島南で「いっしょにパント〜」の例会。
そして福島中央でマイムライブ!
とっても活きのいい若い世代が進行してくれた。
桃やりんごをほおばり、空気を思いっきり胸に吸い込んで、ほんとうに大笑いできるその日まで。

2/4東村山子ども劇場でワークショップ。
「時代を担う子どもの文化芸術体験事業」、こちらは首都圏の子ども劇場がアーティストと小中学校をつなぐ。
チカパンは小平、東村山、新宿、杉並の4校を担当。
どの回も積極的に参加してくれるこどもたちに感激。
上演とは違うやりがいを感じる。
2/5品川こども劇場で「いっしょにパント〜」。
公演後、練習してきたパントマイムを披露してくれる女の子が登場。
これまた感激!

泣けちゃうわ・・・ありがとケロケロ。
使っているよ、暖かいケロケロ。
春はもうすぐ。

コメント/トラックバック:0 個

この投稿へのコメントの RSS フィード。